2008年07月11日

■祝! iPhone発売/マンガ『アップルIIストーリー』

予告編「祝! iPhone発売記念 『アップルストーリー』」もあります。お読みでない方は、こちらからお先にどうぞ

 ジャジャーン!

 1億2,000万の「すがやみつるblog」読者の皆さま、お待たせいたしました。本日、アップル社のiPhoneが発売になったのを記念して、こちらにマンガ『アップルIIストーリー』の本編を掲載させていただきます。

「別冊コロコロコミック」連載の『あらしマイコン百科』の最後を飾った作品で、1984年5月号、6月号に分けて連載された作品です。

アップル本社前1983 ぼくは、この前年、シリコンバレーに取材に出かけ、アップル本社にも寄ってきました。アポなしでしたので、玄関前で記念撮影をしてきただけですが(写真左)、マンガの中には、この取材旅行の際に撮影してきた写真が、背景の一部に使われています。この取材旅行では、テキサスインスツルメンツ(TI)の子ども向けパソコン教室に体験入学したり、スタンフォード大学を覗きにいったり。
「こんにちはマイコン2」付録テンプレート
このとき生協で買ったプログラミング用のテンプレートがヒントになって、「こんにちはマイコン2」の付録にテンプレートがつきました(画像右)。

 マンガの内容は、児童向けということもあり、また、当時の限られた資料をもとにしていることもあり、いま見るとおかしなところも多々ありますが、そのあたりは、ご寛容にお願いいたします。

 では、ちょっと長いですが、ごゆるりと……。

■マンガ『アップル][ストーリー』
 (「別冊コロコロコミック」1984年5~6月号掲載)

マンガ『アップルIIストーリー』p01
P01

マンガ『アップルIIストーリー』p02
P02

マンガ『アップルIIストーリー』p03
P03

マンガ『アップルIIストーリー』p04
P04

マンガ『アップルIIストーリー』p05
P05

マンガ『アップルIIストーリー』p06
P06

マンガ『アップルIIストーリー』p07
P07

マンガ『アップルIIストーリー』p08
P08

マンガ『アップルIIストーリー』p09
P09

マンガ『アップルIIストーリー』p10
P10

マンガ『アップルIIストーリー』p11
P11

マンガ『アップルIIストーリー』p12
P12

マンガ『アップルIIストーリー』p13
P13

マンガ『アップルIIストーリー』p14
P14

マンガ『アップルIIストーリー』p15
P15

マンガ『アップルIIストーリー』p16
P16

マンガ『アップルIIストーリー』p17
P17

マンガ『アップルIIストーリー』p18
P18

マンガ『アップルIIストーリー』p19
P19

マンガ『アップルIIストーリー』p20
P20

マンガ『アップルIIストーリー』p21
P21

マンガ『アップルIIストーリー』p22
P22

マンガ『アップルIIストーリー』p23
P23

マンガ『アップルIIストーリー』p24
P24

マンガ『アップルIIストーリー』p25
P25

マンガ『アップルIIストーリー』p26
P26

マンガ『アップルIIストーリー』p27
P27

マンガ『アップルIIストーリー』p28
P28


(作者による注)

●P2~P7

 このあたりのエレクトロニクス工作への興味やイタズラについては、作者の体験が投影されています。ただし作者が作った「感電びっくり箱」は、鉄の釘を芯にして1次コイルと2次コイルを手巻きし、ブザーの断続で疑似交流を作って変圧したものでした。チョコレートの箱を引き出すと、ブーッと音がして、ビリッとしびれるイタズラ玩具があったのですが、それを手作りしたものです。
 ちなみに作者のエレクトロニクスへの興味は小学6年生からでした。「エレキット」のロボット工作などは、マンガ家になってから楽しみました。また、アマチュア無線の免許は1963年、中1のときに国家試験に滑り(当時は全問筆記で、「逓倍」「緩衝」なんて用語が読み書きできませんでした。いまだって読むのはOKですが書くのは怪しい)、18歳の高3の終わり、マンガ家のアシスタントになることが決った後に取得しました。

●P13~14

「ブルーボックス」は、このマンガに描かれているほど大きくはなかった(実際のブルーボックスの写真など)。

「ブルーボックス」については、この世界で有名な「キャプテン・クランチ」ことジョン・T・ドレーパーのWebサイトに詳しい。また、スティーブ・ウォズニアクも、自身のWebサイトで「ブルーボックス」について語っている

●P18

 上段。Apple IについてのWikipediaの説明

 下段左のコンピューターは、『ビル・ゲーツ物語』にも出てきたAltair8800のつもりではないかと思われる(よく憶えていないが、絵が似ている)。

●P19

「HELLO OUR FOUNDER」……たぶん資料を参考に描いたのだろうが、本当にこのようなメッセージが画面に出たのかどうかは、ちょっと記憶にない。

●P21

「ベンチャー・キャピタリスト」……1980年代早々に、朝日新聞を読んでいたら、いつもは素通りする経済記事の途中にマリオ・アンドレッティの名前を発見したことがある。アンドレッティとは1978年のF1世界チャンピオンで、アメリカではインディカーレースのスターでもあった。そのアンドレッティの名前が、なぜ、経済記事の中に……? と思って内容を読んでみたら、これがベンチャー・キャピタリストを紹介するもので、アンドレッティもレースで稼いだ賞金をベンチャー・ビジネスに投資し、大成功をおさめているベンチャー・キャピタリストのひとりだと紹介されていた。
 ベンチャー・ビジネスについては知っていたが、ベンチャー・キャピタルやベンチャー・キャピタリストという言葉を目にしたのは、このときが初めてだった。この記事がキッカケになって株の仕組みや経済にも興味が湧き、それがやがて、ビジネス情報マンガを描くことにつながることになる。1983年にシリコンバレーに出かけたのも、そんなベンチャー・ビジネスの「現場」の雰囲気を身体で感じてみたかったからである。




同じカテゴリー(マンガ/アニメ)の記事画像
『ゲームセンターあらし』Web連載空間『ぽこぽこ』で連載開始
『ゲームセンターあらし』&『こんにちはマイコン』裏話資料
永島慎二先生の原画を発掘!
「すがやみつる展」ポスター完成!
すがやみつる展:『ゲームセンターあらし』とホビーマンガ
安倍夜郎『ラビッツカンカン』原画展のお知らせ

同じカテゴリー(マンガ/アニメ)の記事
 ぽこぽこで『ゲームセンターあらし』連載開始! (2013-03-28 15:32)
 『ゲームセンターあらし』Web連載空間『ぽこぽこ』で連載開始 (2013-03-21 12:38)
 『ゲームセンターあらし』&『こんにちはマイコン』裏話資料 (2013-03-19 18:56)
 『ドラえもん』のラジオつき科学教材 (2013-02-07 16:39)
 永島慎二先生の原画を発掘! (2013-01-19 00:39)
 「すがやみつる展」ポスター完成! (2013-01-13 22:51)

Posted by すがやみつる/菅谷充 at 14:39 │マンガ/アニメ
この記事へのトラックバック

すがやみつる氏のApple物語第2弾です。 二人のスティーブの出会いが描かれています。 左の可愛い坊やがウォズです。 マイク・マークラが札束持って来るし。 :-D MSX編には、またいろん...
AppleII物語第2弾【ぷらすゆうMacユーザーズグループ-ゆうMUG】at 2008年07月19日 11:45
以前の日記で紹介させて頂いた『サラリーマントレーダーあらし』の元ネタとなった『ゲームセンター あらし』の作者として有名なすがやみつる先生がご自身のBlogで、かなり前に描かれた...
[Manga] すがやみつる先生が昔描いたビル・ゲイツ、アップル、MSXの漫画を公開されました【バキュラのように・・・】at 2008年07月21日 21:05
自分の口から「すがやみつるチルドレン」とかいうのはおこがましい気もするのですが、でも間違いなく、ぼくは日本中にいる「すがやみつるチルドレン」の一人なのではないかと思いま...
すがやみつる「iPhone」発売でマンガ「アップルIIストーリー」公開【[N]】at 2008年07月24日 12:12
祝! iPhone発売/マンガ『アップルIIストーリー』

アップル][の凄さは、当時は全く理解できていなった。中学生でSHARP MZ-2000を購入した私にとって、アップル][はイケていないパソコンとい...
アップル][は憧れ【天気晴れ - ITと趣味のブログ】at 2008年07月25日 05:15
アップルⅡストーリーbyすがやみつるさん(「ゲームセンターあらし」作者)
...
アップルⅡストーリーbyすがやみつるさん(「ゲームセンターあらし」作者)【Pocketworks : Idea Portal】at 2008年07月27日 05:49

「ゲームセンターあらし」で知られる、すがやみつる先生が自身のブログで「アップルIIストーリー」を大公開中!
これは「別冊コロコロコミック」で1984年5月号、6月号に分けて連載...
すがやみつるの描くマンガ「アップルIIストーリー」がおもしろい【ヤサイDX2】at 2008年09月07日 23:47
マンガで学ぶスティーブ・ジョブズ伝説 「アップルIIストーリー」




ジョブズ社長がジョブチェンジ
IT業界における伝説的人物で世界三大スティーブの一人であり、世界最強のタート ...
マンガで学ぶスティーブ・ジョブズ伝説 「アップルIIストーリー」【a Black Leaf】at 2011年08月31日 10:53
この記事へのコメント

感動しました!
Posted by 気合と体力 at 2008年07月11日 17:21
ウィザードリイが流行していたころの話でしょうね。あこがれだけど買えなかったアップル2…

そしてこの時は、マックも出てないし、ジョブスがその後たどる数奇な運命もまだ誰も知らなかったのですね…

ストーリーはまだまだ半分も進んでいなかった!

なんだか感慨がわきます。
Posted by でんろく at 2008年07月12日 09:59
 こんにちは。

 先生、米国アップル社に「「HELLO OUR FOUNDER」について、問い合わせてみます。
 先生と違い、拙い英語ですが(笑)。
Posted by 本堂 at 2008年07月12日 11:53
>でんろくさん

 ジョブズが、自分が招いた元ペプシコーラ社長のジョン・スカリーから仕事を奪われ、アップルから追われるのは1985年のことですが、その直前、逃避先のパリで開催されたApple Franceのショーに姿を見せたことがあります。この会場でパソコン通信のデモをしていた女性と東京からチャットをして、その日、フランスのルマンで開かれていた24時間レースの結果を問い合わせたら、よくわからないとのこと。そこに現地に行っていた友人から電話があって結果がわかったため、東京からパリのコンピューターショーの会場に、ルマン24時間レースの結果を知らせることになりました。

 その様子をスティーブ・ジョブズが見ていたのだそうで、「あの日本人のおかげで効果的なパソコン通信のデモになった。礼を言っておいてほしい」という彼のメッセージを、デモを担当した女性からメールでもらいました。この女性も、ジョブズに声をかけられ、非常に興奮したそうです。

 ジョブズについては、ピクサーの成功が大きいですね。ピクサー・ファンなもので、彼のピクサー買収の決断に感謝しています。そしてピクサーでの成功が、アップルへの復帰につながったのでもありますが。

>本堂さん

 ありがとうございます。こちらも検索してみましたが、詳細はわかりませんでした。

 http://apple2history.org/history/ah02.html

 このあたりの説明によると、文章の途中にあるグリーンの文字のモニター画面あたりが最初に出てくる画面のようにも思えるのですが……。
Posted by すがやみつる/菅谷充すがやみつる/菅谷充 at 2008年07月12日 13:39
僕のような最初に手に取ったのがWINDOWSだと、この漫画は
何というかアップルの過去の栄光満載に見えて大変面白かったです。
Posted by 悪い土悪い土 at 2008年07月13日 16:04
>悪い土さん

 このあとアップルはMacを出しますが、経営の問題で内紛が発生し、「ふたりのスティーブ」のうちジョブズの方がアップルを去って、NeXTというワークステーションの会社を興します。それから紆余曲折があり、ジョブズはアニメ会社のピクサーを買収し、不振に陥っていたアップルに戻ってこれを立て直したあと、ディズニーがピクサーを買収。ジョブズは現在、ディズニーの筆頭株主としてディズニーの役員にもなっています。

 アップルは、いまが、最高の栄光のときかもしれません。
Posted by すがやみつる/菅谷充 at 2008年07月13日 23:44
Win VS Macの前に不振なときがあったんですね。どうもそれまで順調だと思ってました。

僕はiphone等は興味が無いのですが、それでもアップルは輝いて見えます。
少なくともラーメンズのコント風CMを見るよりは好印象を得ます。
Posted by 悪い土悪い土 at 2008年07月14日 22:51
この漫画、小学生の時に読んでだ記憶があります。
そのときは、コンピュータで会社を建ててすごいなぁと思った程度でしたが、そのおかげか、Macのプログラマになったり、DTPやってたりとMac漬けな毎日です。

今また読めたのがとてもうれしいです。原点に立ち返ったような気持ちになりました。
公開していただきありがとうございます!!
Posted by 寅二郎 at 2008年07月15日 17:24
上の本編も面白いのですけど,その下に続く「数奇な運命」も興味深いですね。
歴史は小説よりも…を地でいっている気がします。
字では追いにくいところからして,こちらも大人向け漫画として十分通用する筋立てでは?
Posted by 柴宮両兵衛 at 2008年07月15日 23:04
すがやみつる先生ありがとうございます。
いまでは、すっかり文房具扱いのコンピュータも、さわりはじめたことは夢のツールであったことを思い出させていただきました。
Posted by まん at 2008年07月16日 02:40
この漫画を今、MacBook Air で見ている自分がいる。
なんだかとても不思議な感覚です。
Posted by johnくん at 2008年07月16日 09:51
懐かしいです!子供の頃読んだ記憶が鮮明によみがえりました。
その後すっかり忘れていましたが、私がはじめて買ったコンピューターから今現在までマックなのは、すがや先生のこのマンガが記憶に残っていたからかもしれません。
Posted by hi-cal at 2008年07月16日 12:20
 たくさんのコメントをありがとうございました。

 このマンガを掲載したついでに、Appleの創世記に関連したWebサイトの記事などを読んでいたのですが、その結果、間違いをひとつ発見してしまいました。

 マンガの中でスティーブ・ジョブズは、フォルクスワーゲン(カブトムシと呼ばれた乗用車タイプ)に乗っていましたが、当時、彼が乗っていたのは、フォルクスワーゲンの「バス」なんだそうです。

 http://www.raindrops.jp/kids/mini-car.htm

 ワーゲンのバスといえば、たぶん、こちらだと思います。

 彼の愛車がフォルクスワーゲンだという記事を読んで、てっきりビークルの方だと思ってしまったようです。そのあたりの事情は、まるで憶えていませんが。
Posted by すがやみつる/菅谷充すがやみつる/菅谷充 at 2008年07月16日 16:07
http://webdog.be/archives/08721_042754.php

 ↑こちらにブルーボックスに関する突っ込みがありました。はい、おっしゃるとおりです。申し訳ありません(^_^;)。

 昨日、映画「WAR GAME」の中で、主人公たちがダイヤル式電話の受話器を音響カプラーに押し込んで、オートダイヤルしていた……という突っ込みを、よそでやってきたばかりでした(ダイヤル式の電話機だと、こういうことはできない。トーン式のプッシュホンなら、できなくもない)。
Posted by すがやみつる/菅谷充すがやみつる/菅谷充 at 2008年07月21日 19:44
82年に"こんにちはマイコン"を読んで、PC-6001やらAppleの存在を知りました。
ミステリー・ハウスに心引かれるも、フロッピーディスクドライブまで買うとなると、Apple][の入手は絶対に無理だなぁと8歳にして思った記憶があります。

そんな感じで始まったAppleとの出会い。

96年末にジョブズがAppleに戻るという奇跡も体験しましたし、
常にわくわくさせてくれる製品を。リアルタイムで楽しめるなんて、とても幸せだと思っています。
”こんにちは~”を読んでもう25-6年経つよ!)

そんな感じで、Appleとの出会いのきっかけを作ってくれた先生、どうもありがとう。
Posted by ak at 2008年07月23日 00:51
>akさん、いらっしゃいませ!

 Apple IIは、『ゲームセンターあらし』の担当者が購入して、ゲームにハマってました。

「ミステリーハウス」は、シャープのMZ-2000用のゲーム(カセットテープ版)を買いましたが、仕事が忙しく、じっくり取り組む時間がなかったもので、カセットのプロテクトを破ってBASICで書かれたプログラムリストをプリントしまして、それを見ながら数時間で最後まで行きました(^_^;)。

 Macは初期のMac Plusを使い、カラーになってからも1台買いましたが、パソコンの使用目的の大半が文章を書くことになっていたため、MS-DOS→Windowsが優先になりました。日本語入力システム(ATOK)の関係です。その後、Mac用のATOKが出ましたが……。
Posted by すがやみつる/菅谷充 at 2008年07月23日 12:29
先ず、僕の日本語が下手です。堪忍してください。(-_-;)

この漫画が偉い!読んだら、小学校のAppleIIの楽しい思いでが甦りました。

大学区のために空き時間が少ないでも、この漫画を翻訳したい。いいですか?
Posted by ブリン・デビス at 2008年09月06日 11:46
>プリン・デビスさん

 翻訳は英語ですか? 

 英語なら読めますので、もし日本語で書くのが大変なら、英語で書いてください。

 とりあえず、翻訳するのはかまいませんが、マンガの画像を別のサイトにコピーするのは、おことわりします。
Posted by すがやみつる/菅谷充 at 2008年09月06日 12:56
>すがやみつる

はい、英語です。翻訳したら、英語訳をすがや先生にメールします。もし正しければ、僕のblogで本文丈とリンクを書く。今、試験勉強をします、後で書き起こす。

ありがとう!
Posted by プリン・デビス at 2008年09月06日 14:18
>プリンさん

OK, I look forward to reading your translations.

Mitsuru
Posted by すがやみつる/菅谷充すがやみつる/菅谷充 at 2008年09月06日 14:41
Dear friend.

I wonder if it is possible to have some kind of translation on this Manga?
It would be interesting for us that do not master your wonderful language.
Greetings from Sweden.

All the best.
Camán
Posted by Camán at 2008年09月06日 17:25
すがやみつる様、

私はアップルに部品を納めている某電子部品メーカーに勤務しています。
アップルに使っている重要部品を一手に収めていました。
アップルⅡ(ほとんど偽物)を使って納入部品を検査していましたし、
日本で最初?に初代マックを大量にセッティングする仕事もしました。
それに遠目ですが生ウォズも拝みました。

ついでですがもっと近くで生ビルゲイツも拝みました。
両者とも大金持ちになる以前の話ですが・・・。
子々孫々に語り継げる自慢話です(笑)
Posted by c500改 at 2008年11月01日 21:47
Dear foreign readers,

The English translated version of the Apple ][ Story will be shown on this Blog near soon. Although I had received the Translation Texts, I've been busy as a 58 years old university student. Please wait until I will complete the graduation thesis (January, 2009.)

>c500改さん

 コメントをありがとうございました。どのメーカーか、何となく見当がつきそうな気がしますが、歴史的な人物との遭遇、うらやましい限りです。ぜひ、孫子の代まで語り継いでください(^_^)。
Posted by すがやみつる/菅谷充 at 2008年11月03日 12:47
本日このページを知り、見させていただきました。
この漫画を別冊コロコロで見た当時、自分は9歳。
ただ何度も読み返し、幸か不幸かアップルが大好きになりました。
十数年たって自分の給料でパワーマックを買ってから35歳になった今でもアップルのとりこです。

iPadが発表された今、あの興奮がよみがえりました。

アップル、マックを教えてくれてありがとうございます。
これからも楽しんでください、それが我々の楽しみになるので・・・
Posted by ツチダ at 2010年01月28日 19:19
ジョブスが❛ᴗ❛๑)۶が、かっこよすぎ〜♪
Posted by 垂水源之介 at 2011年10月06日 11:25
当時、、Apple Ⅱe を買いました。そして今でも私の大切な宝物です。
このメッセージは iPad で書いています。

ありがとうジョブス。永遠に。
Posted by きよりん at 2011年10月06日 19:33
現在38になるAppleファンです

幼少の頃、パソコンを持てない時代に憧れてたのはApple製品でした

きっかけは本屋でたまたま見つけたこの本(多分マンガだと思い)を買って読んだからです

久しぶりに読めて当時の感動がよみがえってきました

いま凄く嬉しく、凄く感動しています

その後、大人になってMacを手にした時はスティーブ不在の時代
周囲に本当に凄く馬鹿にされパソコン自体も嫌になりました

でもiMacの登場、ipod、iPhone、iPad

本当に胸が震えました

数々の感動、本当にありがとうの気持ちで一杯です

スティーブ亡き後も、僕は一生Appleの信者です
Posted by じろ衛門 at 2011年10月06日 21:42
P24でジョブズとウォズの年齢が逆になってますね。
当時は資料も少なかったですし、
逆に間違いがないことの方が珍しい時代だから指摘するのは
野暮かもしれませんが念のため
Posted by finale at 2011年10月08日 10:50
finaleさん

 ご指摘、ありがとうございます。

 おおせの通りの理由で、当時のマンガには、ほかにも間違いがありました。人名のカタカナ表記も違っていたりしますが、あえて、そのままにしています。
Posted by すがやみつる/菅谷充すがやみつる/菅谷充 at 2011年10月08日 12:59
(当ブログの内容に無関係のトラックバック、コメントは削除させていただきますので、ご了承ください。メールアドレス、URLの登録は禁止させていただきました)